視力トレーニングは自宅でもできるの?できるなら教えて 

自宅でできる視力トレーニング方法確実に視力を取り戻すトレーニング法はあるのでしょうか。

視力を回復するトレーニングにはいろいろありますが、個人個人の目の状態にもよるので、一概にどれがいいとは言い切れません。

しかし、自宅で手軽にできる視力トレーニングを続けることで、目の緊張が取れて、視力がよくなったという人もたくさんいます。

「クロージング・オープニング」視力トレーニング法

目の悪い人は眼球が長くなってしまっています、眼球は一般に、一度伸びたら元に戻らないといわれていますが、このトレーニングは、圧力を加えて、眼球の伸びを少しでも食い止め、元へ戻すことを目的とします。

①椅子に腰かけ、リラックッスします。
②顔を正面に向け、目をギュッと閉じてパッと開く動作を繰り返します。

目を開くときは、必要以上に目を見開く必要はありません。
自然に、しかし素早く目を開くようにします。これを5~10回繰り返します。

「四方視点移動」視力トレーニング法

近視の人は、たいていパソコンや本といった一定の方向に目を固定していう時間が長いものです。

そこで、上下左右に自在に視点を動かせるように、目の筋肉を柔軟にするトレーニングです。

①椅子に腰かけ、リラックッスします。
②まずいったん眼を閉じて、パッと開ける瞬間に上を見ます。
③もう一度眼を閉じて、今度は目を開けると同時に下を見て、見たところにピントを合わせます。
④同じ要領で、目を閉じて開けて右を見、目を閉じて開けて左を見、見たところにピントを合わせるようにします。

この上下左右で1セット。これを2回ほど繰り返します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す