子供の視力の低下の原因は?これからは近視が治る時代      

子供の近視は治る時代
子供の近視の低年齢化は、ますます加速し、今では小学校低学年における視力の低下が深刻な問題になっています。

子供の視力の低下の原因は、やはり、パソコンやゲーム機の普及にあります。

特にニンテンドーDSなどのポータブルゲーム機が出てから、ますますひどくなってきています。

近いところを長時間見続けていると、毛様体筋が緊張し、近視の原因となります。

子供の近視を治すポイントは、まず早期に発見することです。

子供は目が見えにくくなったことを親に言いたがりません。

これは普段から「ゲームをやり過ぎると目が悪くなる」と言われているのでゲームを禁止されてしまうと思うからです。

小学校では、年度初めに視力検査はありますが、子供の視力は、大人に比べるとあっとい間に悪くなってしまうので、普段から子供の様子を観察するようにしましょう。

気になったらまず眼科を受診することです。

眼科の診察で近視と判断されたら、まず点眼治療を行います。

これで視力が元に戻るのであれば、仮性近視だったということになります。

もし、仮性近視を通り越して、真正近視になっていると、眼科では処置のし
ようがなくメガネを作ることになります。

しかし、これからは家庭でも近視が治る時代です。

近視を回復する方法として、視力回復センターに通ったり、視力回復機を購入したり、本屋3Dアートの立体視ができるマジカルアイなどを買ってきて訓練したり、100円ショップでピンホルメガネを買ってきてつけてみるなど、いろいろな手段があります。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す