子供の近視は治るの?あるトレーニング法で視力回復ができる 

子供の近視は治る

小学生のお子さんの視力が下がるとご両親もさぞや心配でしょう。 なかには相当なショックを受けるかたもいると思います。

遺伝的に家族みんな眼鏡をかけているし、遺伝だからしょうがないとあきらめてしまっているご両親もいることでしょう。

ところが、近視のほとんどは遺伝が原因ではないんです。

遺伝が原因だといわれているのは、近視の中でほんの5%。 残りの95%は何かしらの後天的な理由で視力が低下しているんです。

後天的な理由で最近急に視力が落ちた、という子供は、まだまだ視力回復できるチャンスが十分あります。

眼科でも、視力回復のため目薬が処方され、トレーニング用の器具も使うことができるのですが、残念ながら、これらが効果があったという人はごく少数に限られてしまっています。

ところが、最近は、トータルプログラムで達成する自宅でできる視力回復法が人気となっています。

その中でも特に話題となっているのが「アイサプリ」と「アイトレーニング」というものです。

「アイサプリ」は脳を鍛えることで眼を良くするというもので、1日5分のトレーニングをするものです。

「アイトレーニング」は、1日13分、たった2か月のトレーニングで視力に効果が表れます。

アイトレーニングでは、紐とビーズを使って、眼筋を鍛えるような訓練をします。

眼筋の緊張が緩めば、視力は良くなるので、それを効果的に実践しているようです。

小学生のうちなら、まだまだ諦めるのは早いです。 早めにトレーニングをすることが重用ですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す