視力UP!メガネ屋さんも注目しているある視力回復方法とは?

オルソケラトロジー
視力回復といえば、レーシックという近視手術を良く耳にします。

レーシックの手術をうければ90%以上の人が視力1.0以上になるなど、効果は高いですが、リスクもあり、手術は避けたいという人も沢山います。

 

そんな、手術を受けないで視力UPを図りたい人に朗報です。 画期的な視力回復法が最近話題となっています。

それは、就寝中にコンタクトを装着して視力を回復しちゃおうというものなんです。

それが「オルソケラトロジー 」という製品で、就寝中にコンタクトを付けたままで就寝することで、角膜の矯正を行うというものなんです。

これは本当に画期的ですね。 手術をせず、角膜をなおしてしまうなんて!

具体的にはどういったものかというと、角膜を矯正する形にデザインされたコンタクトを就寝中に毎日はめ、徐々に視力を矯正していきます。

朝は、コンタクトを取れるのですが、角膜の形状が修正後の形状のままの場合が多いので、日中はコンタクトを着用していなくても近眼が改善されます。

近眼の度合いが強い人は徐々にコンタクトの形状を変え、修正していきます。

だいたい、1年程度かかる治療となるそうです。

この「オルソケラトロジー 」というコンタクトは弱い近視向きでしたが、「オサート」という商品が後発で発売され、そちらでは強度の近眼や老眼などを治療することができるというから大変うれしい限りです。

この、角膜矯正レンズは今後、かなり動向が注目される商品となりそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す